正社員とアルバイトの給料について。

What's New
正社員とアルバイトの給料について。

正社員とアルバイトの給料について。

近頃、雇用形態の大幅な緩和により、働き方が多様化しています。責任は重いけれど給料や雇用が安定している正社員、主婦や学生が時間が空いた時に気軽にできるアルバイト、得意なスキルを活かして色々な企業で働きたい人に用意された派遣社員など、本当にたくさんの働き方があります。どの働き方を選択するか、どの働き方が自分に合っているのかは、自分自身にしか分かりません。正社員になる事が当たり前だった時代は終わりました。正社員になる事で、社会的に保証された時代は、恐らくもう戻っては来ない、と私は考えます。自分のスタイルや目標に合わせた雇用形態を若い内に見つける事が大切です。

私には、正社員として働いた経験、アルバイトとして働いた経験、二つの経験があります。正社員とアルバイトの給料についてご説明します。まずはアルバイトです。アルバイトの給料は時給で支払われます。時給と働いた時間を掛け合わせてその月の給料が決定するのです。それに対して、正社員は月給で給料を支払われます。月ごとに貰える給料がおおよそ決まっており、もし遅刻や欠勤があった場合はその給料から金額を差し引かれます。年収は、ほとんどの場合を除いて、正社員の方が断然高いです。アルバイトと正社員の年収で最も違いが出るのが、ボーナスの有無です。正社員はボーナスが支給される企業がほとんどですが、アルバイトにボーナスを支給する企業はあまりありません。支払われる事があったとしても、金額はせいぜい寸志程度です。

しかし、アルバイトという働き方は正社員に比べ、責任が軽いです。責任を問われる事が少ないので、精神的に負荷がかかる事も少なくなります。中には、アルバイトの身分で非常に責任の重い仕事を任されている方もいるかもしれませんが、それは希なケースになります。逆に、勤務年数を重ねるごとに、正社員は何かを管理する職につく事が多くなり、その責任も重くなりがちです。どちらの働き方が合っているか、選ぶのは自分です。後悔しないような人生を送る為に、仕事については若い内に明確なビジョンを見つけておきましょう。